生そば あずま(バンコクスクンビット/ソイ49)に行ってきた!

こんばんは、えきちです。

すっかりタイの食べ歩きブログと化していますが、今日はスクンビット・ソイ49にある生そば あずまに行ってきたのでご紹介します。

2017年7月25日現在、平日限定のクーポンがあるようで誘われて行ってきました。

目玉として、そば3玉まで同一価格とのこと。

滞在先から歩くこと15分、ようやく到着しました。

店内は清潔感のある和風のつくりで照明も明るい。また、串焼きなどの居酒屋メニューが揃っていることと、座敷の個室も完備していることからシッポリ飲む場合でも良さそうな感じ。

店員さんも丁寧で、日本語で接客してくれるので日本人にとっても安心感があるでしょう。

席に通されて開いたメニューがこちら。

こちらはセットメニューですが、250〜300THBほどで、日本円で800〜1,000といったところです。

私はかき揚げ丼セットを注文、全員がそば3玉を選択。

普段の昼食は職場の食堂(100%タイフード)なので、日本食への期待が高まります。

出てきた料理がこちら。

写真では伝わりにくいかもしれませんが、そばのボリュームは圧巻です。

ハンドボールが入ってしまうのではないかという皿にそばがドサッと盛られている。

また、丼物もいわゆるミニサイズではなく普通の量。

出てきた料理に食事に行った一同、「食べ切れるのか?(;´∀`)」という不安がよぎります。

まずはそばから食べはじめます。

食べた感じ、コシはしっかりありますが蕎麦の味・風味はやや物足りない感じで普通の蕎麦と表現しておきます。日本で食べるチェーン店の蕎麦と同じようですが、逆に言えば安心して食べられる味。

続いて、かき揚げ丼に入ります。

かき揚げ丼は口にした瞬間から懐かしい日本の味を思い出させてくれます。日本のかき揚げ丼の中でも美味しい分類に入るのではないでしょうか、私は好きな味です。

丼つゆともマッチしていて箸が進んでいきます。

また、途中で温泉たまごを崩して入れてみたり、蕎麦をつけてみたり、美味しく頂くことができました。

但し、見た目以上にボリュームがあります。食べた後は一同会話が停止するほどの満腹感。

そば3玉は伊達じゃありません。今もゲップが止まらない状態です(笑)。

食事に行った全員がそのボリュームに満足していました。

ちなみに、このお店はメニューには記載がありませんが、そばつゆをもらう事ができるので欲しい方は店員さんに声をかけて頂ければと思います。

また、他のメニューも見ましたが、食べ物・飲み物共に良心的な値段ですので、機会があれば今度は飲みに行きたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする