電動歯ブラシが歯磨きを大きく変えてくれたこと!

スポンサーリンク

こんにちは、えきちです。

今週は土日休み、連休を有効活用したいと思います。

土曜日は部屋に引きこもって、プロフィールすらないブログコンテンツの充実化と、いい加減HTMLとCSSを学んでいきたいと思います。

日曜日は残り少ないタイ生活を楽しむため、外出予定です。もちろんノープランなので中の良いタイ人通訳さんにアドバイスをもらいながらタイを楽しんできます!

さて、今日は家電の話。

私は家電が大好きです。2016年度は離婚協議もあったので、ストレス解消と言い訳をしながら家電を爆買いしました。今になって、本当にアホなことをしたと後悔しています。。。

・・・が、その家電の中で、最も生活に影響を与えてくれたのが電動歯ブラシです。

歯磨きについては、手動で行う方、電動で行う方様々だと思います。

もちろん、どちらも否定するつもりはありません。人によって使い方や歯の状態、生活環境が違うからです。ちなみに、当時私が通っていた歯医者は手動を進めていました。

そんな私がなぜ電動歯ブラシを選んだのか、そしてその使用感について語っていきたいと思います。

1.購入経緯

私は歯磨きが超絶下手くそである

これは幼少の頃から歯医者さんに指摘され続けたことです。

何度も何度も指摘され、教育を受け、自分なりに改善を重ねてきましたが一向に上達しません。さらにやっかいなのが、歯磨きが下手な上に歯が弱いんです。

歯医者に言わせると、虫歯になりやすい歯、という事で普通の人より丁寧に磨いてくれといつも言われます。

虫歯の治療が終わり、歯医者に行かなくなっても年に1回は検診にいきます。

そうすると、100%新たな虫歯が見つかり治療が始まる、このライフサイクルを40歳まで続けてきました。自分がダメなのは十分承知していますが、ずーっと改善が出来ませんでした。

昨年のある日、歯が痛み出して歯医者に行きました。

いつものように、定番の磨き残しチェックが始まります。結果はわかっていましたが、案の定多くの磨き残しがあります。

はいはい、わかっていますよ、と心の中で呟きながら、いつもの歯磨き指導が始まります。

次回、もう一度磨き残しチェックをするということ、それから自分の歯ブラシを持参するように言われます。

しかし、今回は自分の中に変化がありました。

一度でいいから満点で通過してみたい!

何故そんな気持ちになったかわかりません。何度も歯医者に通い続ける生活に嫌気がさしたかもしれません。

ですが、生まれ変わりたいと強く思ったのです。

しかしながら、私はこれまで何度も歯磨きの上達にトライしては挫折してきました。

そこで、電動歯ブラシなら個人のスキルに依存することなく完璧に磨き上げられるのではないか?と思い購入に踏み切ることにしました。

2.電動歯ブラシ選び

電動歯ブラシといっても、色んなものがあります。

ドラッグストアやコンビニで売られている安価なものからパナソニック・フィリップス・ブラウンといった大手メーカーの商品に至るまで多種多様です。

まず注目したのが振動の種類。

毎分2,000回転〜150万回転までの商品があり、その回転数で高速運動・音波・超音波と分かれているようです。

調べを進めるうちに、超音波の振動数は歯の弱い人は注意が必要・・・みたいな話があります。

これについては、色んな意見や情報が氾濫してるので一概の正しいと言えませんが、歯が弱い事は事実なのと値段のこともありパナソニックのドルツを購入することにしました。

こちらの1つ前の型のドルツを購入。早速自宅で試してみました。

驚きの体験

 ・歯磨き自体がまず楽、当てている位置を気にするだけでOK

 ・歯磨き後、歯がツルツルになって気持ち良い!!感動!!

 ・うがい時にたくさんの食べかすが出てきて効果を実感!

使い始めは歯が痒い?みたいな感じになり違和感があると思いますが、慣れてしまえば問題ないです。気になる方はSOFTモードから使い始めれば良いと思います。

とにかく歯がツルツルになります。歯の裏なんていつもザラザラしていたので、歯医者さんで歯石除去してもらった後のようなツルツル感を体験できます。

なぜもっと早く導入しなかったのか後悔。

3.再び歯医者へ・・・リベンジを果たせるか?

そして次の予約日を迎え、満を持して歯医者に行きました。

歯科衛生士の方は私のDolzを見るなり、

「はぁ、電動歯ブラシをお使いなんですね・・・」

と怪訝そう。

そして、磨き残しのチェックが始まります。

結果は・・・

前回より若干好転するも状況は改善されなかった_| ̄|○

散々たる結果を突きつけられ、歯科衛生士さんの話が始まります。

そう、手動だろうが電動だろうが磨き方・使い方をしっかり守らなければ結果は変わらないと言うことです。当然の話ですが、浅はかな考えで取り組んだ自分が本当に恥ずかしいです。

その後、丁寧に磨き方を教えてもらいました。

基本は歯ぐきに対して斜め45度、ブラシの先を歯周ポケットに入れるような当て方で10秒ほど振動をあてる。これを繰り返しながら歯全体を磨く。

決して弱すぎず強すぎず、歯周ポケットにブラシの先が入っていることを感じながら磨くのがコツのようです。

これを教えてもらった後、後日磨き残しをチェックしたらほぼ満点の結果だったのです。

結果として、自力では満点を取れませんでしたが、人生で始めてといって良いくらいの高得点(磨き残し)をマークして満足しています。やはり、物が良くても使い方次第ってことを思い知らされました。

改めて歯科衛生士さんに感謝しています。

4.まとめ

今回、電動歯ブラシに切り替えたことで自分の歯磨きに大きな変化が加わりました。

改めて今自分が感じている点を整理すると、

良い点

・手が疲れないので長時間歯磨きしても苦にならない

・AC100-240V対応、国内はもちろん海外にも持っていける

・飲み会の後や疲れている時も電気の力でいつもと変わらず丁寧に磨ける

悪い点

・店舗にヘッドブラシがないと入手に時間がかかる ※自分は無い場合違う機種のものを使用

と良かったことの方が多く、満足度の高い買い物ができました。

特に、体調が悪い時、飲み会の後など、雑になりがちな状況でも電気の力でいつもと変わらない歯磨きが出来ることはおおきなメリットと言えます。

私と同じような悩みを持つ方、購入を検討されている方に少しでも参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする