Mac歴一ヶ月の初心者が選ぶおすすめアプリ

スポンサーリンク

こんばんは、えきちです。

早いものでMacを使い始めてから一ヶ月が経過しました。

最初は写真のバックアップやネットサーフィン、電子書籍を快適に楽しみたい・・・なんて思いで購入しましたが、今ではブログという楽しみを得て毎日快適に使っています。

これまで、プライベートでパソコンを毎日使うことはありませんでしたが、今ではそれが日課となり楽しみにもなっています。

そんな初心者の私が選ぶナンバーワンのオススメアプリをご紹介します。

とは言え、クドイですが私は超初心者です。ハッキリと断言できます。

ですので、物足りない内容かと思いますが私と同じような方にとって少しでも参考になれば嬉しいです。

そのアプリとは・・・

そう、標準アプリの”メモ”です。

使い始めて一ヶ月程度ですので、心変わりがあるかもしれませんが今までで一番使用率が高く使い勝手が一番良いです。

その理由や私の使い方を話していきます。

1.なんといってもシンプル

私はパソコンについて専門知識もなければ効果的な使い方なんてわかりません。この間、色んなブログを通じて「へぇ〜〜〜なるほど!」と深く共感し実践することはありましたが、それが定着し習慣化したものはありません!

一言で言えば、飽きっぽいだけかもしれませんが・・・

それでも、便利という名の複雑なつくりのものは敬遠するようになりました。

その点、このメモアプリは非常にシンプル。開いて一行目にタイトルっぽいものを入力し、あとは書きたい事をひたすら書く、それだけ。

メモに必要な機能って実はこれだけじゃないのかなって今更ながら思うわけですが、これが自分の中では大当たりでした。

2.なんといっても同期が便利

当たり前な話でごめんなさい。でも、とても便利なんです、言わせてください( ;∀;)

パソコンで作業している時、ふと思いついたことをサッと書き込める、wifi環境にあればその後外出してもiphoneで特別な操作や設定をせず続きを始められる。

家の中でも、パソコンかiphoneがあればいつでもどこでもどちらでも使える。いつでも再開できる。自分が時代から取り残されていただけかもしれませんが、この便利さに感動しました。

3.人間(いや・・・自分の・・・)の欠点を補ってくれる

私は忘れっぽいです。そのくせ思いついた事を後回しにします。結果、思い出せずに出来ず終いなんて日常茶飯事で既に特技化しています。

そんな私の忘れっぽいところをメモが優しく補ってくれます。

偉そうな事を言って恐縮なんですが、アイデアって突然わいてくるじゃないですか?それをどれだけ取りこぼさずに形にできるか?が大事って思うんです。

でも、ふっとわいたアイデアを後でメモしておけばいいやって思っていると、どんどん忘れて頭のゴミ箱に吸い込まれていくんですよね。

なので、パソコンをしていようが食事をしていようが、寝る前だろうがお構いなしにアイデアがわいたらメモアプリを使って記録するようにしました。はい、最高に行儀が悪い奴です。

そうしたら面白いもので、数日前まで次に書く記事に悩んでいた私が、メモを取ることで今では20を超えるアイデアがメモに記録されています。アイデアの質は別問題ですが(・・;)

そうすると、1つのアイデアに連鎖して、「あっ、そうそう、この話はこれとつながっていた」とか「そう言えば、こんなこともあったなぁ」なんて枝が広がるようにアイデアが広がります。

ちなみに、昨日の寝る前はアイデアが思いつく度にiphoneのメモで要点を記録、そして寝ようとしたらアイデアが浮かんで・・・の繰り返しでなかなか寝付けませんでした(笑)。

まとめ

こんなに自分の脳を刺激したアプリは始めてです。アイデアが浮かび、そのアイデアが違うアイデアとコンボしてどんどん広がっていく、久しぶりにこんな体験をしましたが、楽しくてたまらないです。いやー、脳みそが若返る感じです!

シンプルでシームレスに使える、この基本にポイントを絞った点が自分にはピッタリでした。

今は浮かんだアイデアを形にするのが楽しみでたまらないです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする