ルンバ875Aをレビューしてみる

スポンサーリンク

こんばんは、えきちです。

今回は日本から持ち込めず、日本の自宅で主人の帰りを待ちながら健気に掃除を続けるルンバについてレビューしていきます。

家電大好き人間の私が家電を評価する上で最も大事にしているポイントが1つあって、それは自分の生活に豊かな変化をも与えてくれたか?というのがあります。

この点で言えば、ルンバは私の生活に大きな変化を与えてくれました。今は日本とタイで離れ離れの生活ですが・・・

ルンバは廉価版があるものの決して安い買い物ではありません。

簡単にポチッとな〜なんてワケには行かないと思いますが、迷っている方の背中を押せたら・・・と思います。

1.購入動機

私は単身赴任から離婚を歴て赴任となり、更には海外まで赴任してしまった悲しいネタを持っています。離婚後の赴任時代に購入しました。

当時の生活は1Kのマンション住まい、決して広い部屋に住んでいたワケではありません。掃除が好きな私は週に数回掃除機をかけますが、掃除好きゆえの悩みというものがありました。

【 掃除好きの悩み 】

・掃除機が届かないエリアのゴミ取り(テレビボードの下や隅、ソファの下等)

・帰りが遅い日近隣の迷惑になるので掃除機がかけられない

・狭い部屋とは言え疲れ切っている時の掃除は結構ツライ・・・

こんな悩みを抱えてる日々が続きました。

2.新たな掃除方法を模索

今抱えている悩みを解消すべく、グーグル先生に頼る日が続きました。

すると、これらの悩みを解消してくれる存在を知ることになります。それがルンバだったのです。それからと言うもの、ルンバのレビュー・評価を読み漁る日が続きます。ルンバに大して肯定的な意見や批判的な意見、色々なレビューがある中で購入動機をガンガン刺激する機能を目にしました。

・スケジュール機能(設定した曜日・時間に掃除ができること)

・小さく愛くるしいボディが手の届かないエリアまで侵入してホコリを吸引

掃除好きの私は目が釘付けです。それからというもの、購入に向けてまっしぐらに走り続ける日々が始まったのです。

3.機種選び

ルンバの機種は幅広いです。エントリーモデルからフラグシップモデルまで、2万円代から10万以上するものまで。機種によって機能は多種多様なので自分が本当に欲しい昨日を絞ることにしました。

・スケジュール機能

・吸い込み口がブラシタイプはメンテナンスが面倒(髪の毛の詰まり)ローラータイプ

・電気の充電で動くのでできれば劣化が緩やかなリチウムタイプ

この3つの願いを叶えるモデルがAmazonで売られているルンバ875Aでした。

正直、独り暮らしで5万円以上する掃除機に躊躇しましたが、長く使うことと自分の悩みを解消できるのであれば、と購入に踏み切ったわけです。

4.ルンバがある暮らし

ハッキリ言って快適です

ここまで掃除が快適になるとは思いませんでした。自分の決めたスケジュールに沿った掃除、狭いエリアを物ともせずグイグイ入ってゴミをかき集めてくる機敏性、あの愛くるしい動きに健気に頑張る姿勢、愛着がわかずにはいられません。

加えて、もう一つ嬉しい変化がありました。それは、

自分も片付けに積極的になった

ことです。

ルンバは自動で掃除します。当然、大きな段差や障害物があると掃除できません。ルンバが掃除するエリアを広げる為には床にものを置かない配置にする必要があるのです。その為、ルンバにたくさん掃除してもらおうと、整理整頓をします。このお陰で、以前と比べ部屋が随分スッキリしました。

嬉しい誤算、まさに副産物ってやつです。

しかし、そんなルンバも万能ではありません。

やはり部屋の角の掃除やどうしても床に配置しておかないといけないものがあります。私の場合はルンバが苦手なエリアをハンディクリーナーで掃除してフォローするようにしています。どんな家電も苦手なことはあります。

しかし、何より便利で楽になった事に加え、自分で床にものを置かない配置にするなど、新たな暮らしを提案してくれたような気がしました。

家電に頼り切るのではなく、共存していく、自分も変化できる、そんな気づきを与えてくれた点では人生で出会った家電の中では一番ではないでしょうか。

単に生活を楽にしてくれるのではなく、自分に変化を与え本当の意味で生活を豊かにしてくれる家電ではないでしょうか?

家電&掃除好きがオススメする買って生活が豊かになる家電です!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする