さぁ!ギターを始めよう・・・ペグが折れて・・・

スポンサーリンク

こんばんは、えきちです。

今、日本に一時帰国しています。久しぶりの日本、降り立った第一印象はズバリ「暑い!!」でした。湿度のせいでしょうか、タイよりも暑く感じます。

帰国した日は会社に行ったり、頼んでおいた荷物を受け取りに行ったりと慌ただしい一日となり、ようやく落ち着いたところです。

さて、今日は一時帰国の目だもの1つでもあるギターについて触れていきます。

20年ぶりにギターをプレイしたく、今回の一時帰国に合わせて購入したギターです。

ギターのチョイス

 ・今回はタイに持ち込むので多少傷がついても凹まない中古品(予算はできれば2万以内)

 ・エレキだとアンプ等荷物がかさばるのでアコースティック・ギターとする

 ・昔エレキギターを弾いていたので、違和感なく入れそうなOvationを希望

ざっとこんな感じで希望をまとめ、メルカリとヤフオクで探し始めました。

まぁ、2万以内というハードルが厳しかったのですが”ジャンク品”というものを発見!見た感じ特に大きな問題もなさそうなので購入することに。

ところが・・・

ギターが届き、気分良く口笛吹きながら弦を張っているとあることに気が付きます。

ペグが折れている・・・

ジャンク品の名に恥じない状態でなんとペグが折れていました。最初はグラグラするペグに違和感を感じていましたが、特に気にはしませんでした。しかし、4弦を貼ろうとした時にどれだけ回しても弦が張れず、分解したら折れていることに気が付きました。

自分自身、経験のないことなのでどうしたものかとネットを彷徨うことに。

慣れている方は自分で交換するようですが、経験のない私はショップに頼んだほうが無難なようです。

ですので、今回は島村楽器さんにお願いすることにしました。

店員さんに声をかけると、親身になって対応してくれます。元々装備されていた金色のペグが店頭なかったようですが、特にこだわりがないので銀色のペグをチョイス。

かかった費用はペグ代と工賃で合計8,000円程度だったと思います。

ギターを預けて2時間ほどで完了、修理されたギターが手元に返ってきました。

・・・とこちらです。

約20年ぶりのギターは難しく、左手の指はすぐに痛くなるしピックのストロークはぎこちなく、振り出しに戻る感じです。昔ギターを弾いていた面影は全くなく、教本片手にピックの持ち方からコツコツ初めています。。。

さて、安さに目がくらみジャンク品に手を出したが故に予想外の出費をしてしまったわけですが、今回のまとめはこちらです。

まとめ

 ・ジャンク品に手を出す場合はそれ相応の覚悟をすること(当然ですが・・・)

 ・島村楽器さんでペグ交換すると数時間で完了する ← 私はこれを心配していました

なんとも内容の薄い本日のブログでした。。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする