ハンドスピナーを触ってみる!

スポンサーリンク

こんばんは、えきちです。

日本の一時帰国を子供たちと楽しんでいます。久しぶりに会った子供たちは元気で、久しぶりに父親らしいことをしようと時間を気にせず遊んでいます。

離婚以降、タイに赴任したこともあって中々会えない日が続いていました。久しぶりに会う子供に人見知り的な態度を取られてショックになったりしますが、すぐに打ち解けて楽しんでいます。

さて、今回は子供のお土産にとタイで購入したハンドスピナーの話。

少し変わり者でガジェット系が好きな長男にタイでハンドスピナーを買ってきました。値段は20THB(70円)ほど。お土産を渡す前に長男は私に自分のハンドスピナーを自慢してきました。何でも、Yahoo!ショッピングで1,200円のものが300円で買えたとのこと。

タイで買ってきた激安スピナーを知っているので、ぼったくりだろうと思っていましたが、どうやらベアリングの作りが微妙に違う感じです。

同じスピナーですが、同時にまわしてみると私のお土産がYahooショッピングのスピナーよりも早く止まっているではありませんか!!!

やはり安い品にはデメリットがつきもの。

そんなやりとりをしながら、イマイチハンドスピナーの楽しさがわからず長男に借りては指先でくるくるしていました。

楽しさを全く感じずに長男に返そうとしたその時、落下してスピナーが割れてしまったのです!!

・・・とまぁ、見事に割れてしまってウエイトが外れています。

これには長男も顔面蒼白状態。優しい子なので表立って感情を表しませんが、ショックが隠しきれないようです。

という事で、新しいものを買うことになりました。

ネットでは相当な賑わいを見せているので量販店に行けば買えると思ったのが間違いでした。

まずは近所の量販店に足を運ぶも取り扱いなし、次にショッピングセンターのおもちゃ売り場にいくも取り扱いなし。これでもかとドン・キホーテに行きますが売っていない。

当初余裕だった私の表情にも焦りがでます。長男にAmazonで買うと言うも、やはり即日欲しいようです。もうすぐタイに戻る身としては、どうしても子供の願いを叶えたくネット検索、ジョーシンで取り扱っていることがわかりました。

そして、ようやくジョーシンで出会うことができました。

一番高いモデルが1,500円〜500円まで三種類用意されています。長男に選んでもらったところ、案の定一番高いモデルを指差します。

割ってしまった自分が悪いのでこれを快諾。

そして購入したスピナーがこちら。

さて、違いは一目瞭然だと思います。

プラスチック製のボディは金属へと変化。

スピンさせてみると更に違いがわかります。ベアリングのつくりが断然違っていて、滑らかに回転し持続時間は倍以上違います。

長男の話ですが、中には万円単位の商品もあるようで現在は販売終了となりプレミアがついているとのことで侮れないです。

結局、高いスピナーを購入したわけですが、その後も何度かスピンさせてもらいましたが、楽しさが全くわからずじまいでした。

今日のまとめとして・・・

 ・プラスチック製のスピナーは落下すると簡単に割れてしまう・・・

 ・高価なモデルは数十万にもなるが高いほど部品精度が高く回転持続時間が長い

という事です。

スピナーが何故流行っているかイマイチわからないえきちでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする