タイの電気の話

スポンサーリンク

こんばんは、えきちです。

日本では雨が続いているようですね。タイでも毎日のように降っていますが、感覚的にはずーっと降っているわけではないので、日本のような心配は無いようです。日本では気温が一気に下がったり、土砂崩れの恐れがあるとの報道がタイでも流れていますので被害が出ないことを祈るばかりです。

さて、そんな天気が続く中、タイで新たな”普通”を体験したので記事にしたいと思います。

先日、私が一時帰国している間に、滞在先で電気設備の点検があったようです。

日本では「ふ〜ん」くらいの話ですが、タイではちょっと事情が違っていて午前9時〜夕方5時まで停電になるようです。

当然、”停電”ですので全ての電気が止まります。エレベーターは動いていたようですが、それ以外の電気は停止、なので生活必需品である冷蔵庫やエアコンに至るまで全てが使用不可になったようです。

電気が止まる午前9時では、いつもなら休日で穏やかに過ぎる時間も停電の影響で、多くの住人が滞在先の建物から出ていったようです。その様子はまるで恐怖から逃げる人間のように・・・

真夏の状況下でエアコンを取り上げられるのは本当に痛いです。

私も以前エアコンの故障でエアコン無しで一夜を過ごしましたが、気温と湿度の高さで十分に寝れなかったことを思い出します。なので、タイでエアコンが効かない部屋に滞在することの苦しさはよくわかります。

私は幸いにも一時帰国中なので難を逃れましたが、駐在の方達はエアコンのある施設を求めてプロンポン周辺を彷徨っていたようです。

もう一つ、生活に影響がある家電製品として冷蔵庫があります。

なので、生鮮品をうっかりいれておくとダメにしてしまいます。日本では点検で全ての電気が止まるってことはあまりないので注意が必要です。

加えて・・・

今日の話ですが、帰宅したら電気が止まっていました。全ての電気が止まっていて、フロントに行ってみるも真っ暗で「ジャストモーメント!」と言われるのみ。

しばらくして電気が点いたり消えたり、これを繰り返した後に復旧しました。

どうやら、雷雨の時は停電になることがしょっちゅうあるようで、タイの方に言わせると”普通”のようです(゚д゚)!

不測の事態を読むことは難しいですが、生鮮品のストックを控えるなど頭の片隅にいれておくと良いかもしれません。

今日のまとめとして、タイは停電しやすいこと。それから、電気設備の点検がある時はしっかり内容に目を通して食材をコントロールすることが大事だと思います。

ちなみに、夏季休暇で長らく帰国している方の部屋には冷凍品が残されているようです。さすがに腐ってはいないと思いますが、電気設備点検の停電を挟んでいるので若干心配です。。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする