アコースティック・ギターのメンテンスをあれこれと・・・

スポンサーリンク

こんばんは、えきちです。

日本に帰国してから、休みなく仕事が始まったわけですが、生活サイクルがカチッと決まっていないので慌ただしい一週間を過ごしていました。

思えば、関東から名古屋へ異動、引越しした次の日にはタイに赴任していたので、支払いの手続きやスーパーなど、近所の情報も知らなかったので、知らない土地に赴任してきたような感じです。

さて、そんな中で、タイに一緒に赴任していたギターを大切にしようと、メンテナンスを含めてあれこれしていたので、そのことを書いていきたいと思います。

1.ようやくギタースタンドを買う!

今更感がハンパないですが、ギタースタンドがありません。ギターの保管はこんな感じ。

・・・と、ソファに立てかけるだけ。

滑ってテーブルの足に当たってしまったり、使う時にもぶつけそうになったりしていたのでギタースタンドを買うことにしました。

・・・とは言え、近所の情報を集めていると楽器屋が名古屋駅に集中しています。公共交通機関を使ってスタンドを買いに行くのも億劫ですし、駐車料金を払ってまで買いにいくにも抵抗があります。

そこで!

中古楽器を取り扱っているハードオフに行くことにしました。

そこで購入したスタンドがこちら。

なんと100円です。良い時代になったものです。昔エレキギターをやっていた時は、数千円で購入したのを思い出します。

安定したスタンドに感動します。こうして使ってみると、ギターを置く場所も決めれますし使いたい時にひょいっと取り出すことができるので、改めてギターにスタンドは必須だと感じました。

加えて、ハードオフでメンテナンス用品を買ったので、ついでに元の張替えとメンテナンスを実行することにします。

2.ギターメンテナンス

ハードオフでポリッシュと指板用の潤滑剤を購入したので弦の張替えがてらキレイにすることにします。

ギターの弦交換のタイミングは人によって違うみたいですが、私の場合は一ヶ月毎日弾いていて目に見えてわかるくらい劣化していたので交換に踏み切りました。

弦を外して、ポリッシュを使って隅々までキレイにしていきます。テッシュを使って拭きましたが、隅々まで掃除していると結構汚れが溜まっています。

弦交換の際に必要になるのがこちらのニッパー。

楽器店でフェルナンデスのニッパーを買おうか散々悩みましたが、ぐっとこらえて100円ショップのニッパーに。これで十分です。

という事で、無事に張り替えることができました。

ちなみに選んだ弦はMARTIN。3つパックで1,600円ほど、初心者の私にとってはありがたい価格設定です。

3.おまけのアイテム

しまむら楽器でピックを選んでいた時に、思わず買ってしまったピックがあるのでご紹介します。それがこちら。

黒色のSILENT PICKというものです。

恐ろしく柔らかいピックで、小さい音でプレイできるスグレモノです。

こんな風に簡単にグニャッと曲がります。

使用してみましたが、確かに柔らかい分音は小さいですが、ピックを使ったストロークの練習になるか?は微妙なところです。なので、あまりオススメはできないかも。

・・・というような感じで、ほのぼのと暮らしています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする