タイのトイレはやっぱり日本と違う話

こんばんは。

今日はタイのトイレの話。

海外では日本との文化の違いに新鮮を感じる一方、人によっては慣れが必要なものがあったりしますが、トイレもその一つです。

特にトイレについて言えば、日本は色んなところが整備されていますし清潔感もあるので海外で驚くことも多いことでしょう。

私の場合、潔癖症というまで気にするタイプではありませんが、タイのトイレで慣習や設備の違いに戸惑ったので書いていきます。

タイでは排水管が細いため、基本的には紙を流すことができません(流せるトイレもあります)。

かといって、全てのトイレがウォシュレットを完備しているわけでもないです。

つまり、どういうことか・・・と言うと、

これです。

トイレの横にあるホースを使用するのです。

初めてタイのトイレを利用した時は、便所を掃除するホースとばかり思っていました。

ところが、どのトイレにも設置されているので、ローカルの人に聞いてみるとこれでお尻を洗うようです。

つまり、用を足したあと、このホースを使いお尻を洗って最後に紙で水気をとる。

そして、必ずゴミ箱が設置されているので、そこに捨てて終わり・・・というわけです。

間違っても紙を流してはいけません。すぐに詰まる仕様です。

私は日本でもウォシュレットを使う方ではないので、使い方をマスターするまで苦労しました。

水圧はそれほど強くないのですが、どのようにホースを取り回したら良いのか?どうヘッドをコントロールしたら良いのかわからず悩みました。

そんな私も今ではようやく慣れています。

現在滞在しているところはウォシュレットが完備されているので、極力そこで用を足すようにしています。

慣れたとは言え上手く使いこなす自信もないですし、やはり抵抗を感じてしまいます。

ですので、同じような状況に陥りそうな方は、宿泊先を選ぶ際にはウォッシュレット完備のホテルやサービスアパートメントを選択されると良いと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする