WindowsよりMacを選んだ話

スポンサーリンク

こんにちは、えきちです。

私はブログ作成にMac Bookを使用しています。

今年の6月にメルカリで購入したわけですが、これまでMacを使用した経験がなく人生ずーっとWindowsマシンを使用してきました。

思い起こせば、高校二年生の時バイト代をしこたま貯めてPC98マルチを購入したのが始まりです。

当時はWindows3.1だっけ、当時と比べれば今のパソコンは随分進化したなぁと感慨深いものがあります。

その後、DOSVに移行し自作の道に進みます。OSは98SE、Me、XP、Vista、7を使用、最近まではLenovoのデスクトップを使用していました。

PCはずっと使ってきましたが、そのほとんどはネットサーフィンや簡単な画像・動画の編集で、たいしたことはしていません。

また、HTMLやCSSといった知見は皆無に等しく、仕事でエクセル・ワード・パワーポイントを使う程度です。

そんな私のPC選びについて語っていきます。

1.購入の経緯

実は離婚した時に、当時使っていたLenovoのデスクトップPCを手放した・・・というか、先妻に譲りました。

特に使うこともないだろう、ということでスマホだけの生活に。

ところが、タイの赴任が決まり異国の地で滞在する中で色々と不便を感じるようになりました。

まとめるとこんな感じ。

 ・調べものはスマホだと操作しづらくどっしり腰を据えて使えるPCがほしい

 ・タイでは欲しい書籍が手に入りにくく電子書籍を利用したい(スマホは画面が小さい)

 ・写真を多くとるのでバックアップがしたい

この時、ブログを始めるなんて全く考えていませんでしたが、ざっとこのような理由からPC選びが始まります。

2.PC選び

今回は海外に持ち込む事が前提なので、ノートタイプを買うことにします。

機種については、これまでWindowsを使用してきたし、仕事でも使っているから今回もWindowsにしよう!なんて話にはなりませんでした。

これまで、Windowsを使ってきたからこその抵抗感みたいなものがあります。

偏見も入っていますが、当時の頭の中はこんな感じ。

 ・起動時間が長くてそのうち電源を入れることすら億劫になってしまう

 ・使っていくうちに動作が重たくなってフリーズ当たり前の仕様になる

 ・アップデートが多すぎてわずらわしい

 ・Panasonic以外バッテリーは長時間もたないし、劣化も早いでしょ

偏見もあるので全て正しいと思いませんが、長年Windowsを使う中で感じている不満です。

上記不満をネットで調べていると、Macはそれらを解消してくれるマシンとの意見が目立ちます。

元々Macに興味はありましたが、購入までには至りませんでした。

スマホはiphoneを使っているので、アップルストアに行ってMacBookに触れる機会はありましたがWindowsとの操作に違いにピンとはこなかったのです。

しかし、今回購入を前提に調べていると、上記のような不満が解消される上にitunesもサクサク動くということ。iphoneを使っている私にとってポイントが高いです。

Windows上のitunesは本当に重たいので・・・

・・・という事で、Windowsに対する不満解消を期待してMac Bookを購入することにしました。

3.そしてMac Book購入へ

購入することが決まり、次は予算編成です。

いくらボーナスが近いとは言え、性能を十分に使い切れない私に何十万もの負担はできません。

なので、5万を予算としヤフオク・メルカリで探し始めます。

まず最初にターゲットにしたのがMac Book Air。

その軽さゆえの持ち運びの良さに惹かれて探し始めます。ところが、途中でRetinaディスプレイでない事に気づきます。

iphoneでRetinaディスプレイの素晴らしさを感じているのでRetina搭載のモデル一択に。

ここで、Mac Book Pro購入へ方針転換がなされます。

方針転換を受け、メルカリで探していいると・・・

Mac Book Pro (Retina-13inch) Mid 2014 SSD128GB メモリ16GB

+2TB外付けHDD +ソフトケース +HDMI・有線LANのUSBケーブル

この5点セットで10万円の売出しが・・・

出品されてから数時間ほど、悩む・・・悩むと売れてしまう・・・外付けドライブは元々購入予定だったし、でも予算の2倍も・・・いや、ボーナス月だろう・・・セットで手に入ると思えば・・・

と、相当脳内で会議を繰り返しましたが、気がついたときにはポチッとしていました。

こうして、無事にPCを購入したわけです。

4.1ヶ月使った感想

まず、Windowsに対する不満。

使用期間が短いので経過をみないといけませんが、動作がもたつくことはありません。

フリーズも今のところ皆無、起動は噂通りサクッと立ち上がります。

スリープで使用していることもありますが、使いたい→すぐに使える、こんな感じです。

また、itunesの動作も全くストレスを感じません。

加えて、Air Dropを使用した写真送信もストレスなく非常に楽です。あるサイトでiphoneを使っていたらMacを使わない理由なんてない、なんて記事を見ましたがまさにそのとおり。

Windowsで感じた動作へのストレスはMacでは感じません。

肝心の操作性はどうなのか?

これは正直に言うと今だに慣れません。

Windowsにある操作がMacでは見当たらない、配置が違う、なんてことの繰り返しで、その度に調べながら操作しています。これは、使用する内に解消していくものだと思います。

ただ、トラックパッドの操作性は非常に快適。

慣れるとWindowsに戻れなくなると聞きますが、そのとおりだと思います。

これまでずーっと使っていたマウスをMacでは使用していません。操作に慣れていなくてもこの恩恵は十分感じられます。

まだ使い始めて間もないので、しばらく使ってみてレビューしてみたいと思います。

5.まとめ

PC選びは使う人の用途や環境によって異なるので一概に正解はないと思います。

ただ、私の場合、大したことをしていない=必須なアプリケーションがない、ので操作性以外において特に支障はでていません。

いや、むしろ恩恵の方が大きいです。

私にとって、ストレスなく起動し動くこと、Retinaディスプレイ、トラックパッド、この3つだけでも購入した価値は十分にあると感じています。

PCは決して安くはない買い物ですし、簡単に買い換えができるものではありません。

だからこそ、自分の用途や環境にあったPC選びをしたいですよね!

私と同じような用途・環境の方へ少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする